TEL:090-6363-3196

営業時間

18:00~22:00[月~金]
8:00~18:00[日](土曜定休)

新着情報

News

2022.10.19

カギトラブルによるカギの交換修理

こんばんは。 出張修理の自転車屋さんです。

当店ではカギのトラブルによる出張での交換修理等も行っています。

alt

カギの紛失での切断、交換です。

alt

同じタイプのカギに交換します。

alt

テンプルキーで価格も抑えてありスペアキーも3本付属しています。

alt

ベルも壊れていたので交換しました。

alt

前のブレーキが甘いとの事で一緒にブレーキシューも交換いたしました。

alt

こちらの方は前の鍵が壊れてフォークに巻き込みそうになっていました。

alt

前カギは使用していないとの事ですので安全の為に外しました。

alt

こちらの方はキーはありますがシリンダー内でピンの不具合により鍵の挿入が出来ないので、切断して交換いたしました。

alt

当店では一般的な鍵の在庫も致してます。   

強力なボルトカッターも用意していますので自転車に使用する鍵でしたら特殊な物を除いて当日のうちに切断、交換が可能だと思いますので詳しくはお問い合わせください。

ご予約状況や出張先によりましては後日のご予約になる事もありますのでご了承下さい。

注意: 鍵の切断に当たりましては防犯上の理由により必ず身分書によるご本人様確認や自転車購入時の書類、依頼書の記入などありますので事前に電話、またはラインにてお問い合わせ下さい。

自転車の状況、場合等によりましては切断作業をお断りする場合もありますのでご了承下さい。
 
2022.10.16

最近のいろいろな修理

こんにちわ。 出張修理の自転車屋さんです。

10月に土岐に新しいイオンがオープンしました。

余裕を持って出発してますが、日曜日など土岐、瑞浪方面への出張時には渋滞などで到着時間が少しだけ遅れる場合もありますのでご了承ください。

alt

本日は最近行った修理のご紹介です。

alt

有名メーカーの自転車のパンク修理ですが

alt

チューブを出して状態を確認してますと、ホイール内側に原因のある穴を発見。車輪を確認してますと組み立て時にフラップがずれてしまい、チューブとニップルが接触してのパンクでした。

残念ですがある意味、人災です。  

alt

alt

alt

alt

パンク修理の次に多いのはブレーキの修理です。

安全の為には消耗品のブレーキゴムの交換が必要です。

ブレーキインナーワイヤーも錆や腐食により切れてしまうこともありますので定期的な交換が必要です。

当店では錆や腐食に強いステンレスのワイヤーも用意しています。

alt

電動アシスト自転車のパンク修理

水調べしたところ穴は無くバルブの虫ゴムの劣化が原因でした。

alt

バッテリーは経年劣化で交換が必要でしたので、代行で新品を用意して交換しました。

alt

現在、サービスで行っている全体の点検、整備を行いましたがブレーキワイヤーの固定が間違って取り付けられてました。 大変危険な為、お客様に相談して新しいワイヤーで正しい取り付けを行いました。

修理後の自転車に試乗して確認して頂くとよく走って、しっかり止まる事に喜んでいただけました。

alt

帰りにみかんとお茶を頂きました。

大変おいしかったです。  ありがとうございます!!

alt

多治見市内は和菓子で有名なお店が多く、多治見市役所の本庁舎近くの「菓匠庵 やまよね
」さんで今の季節においしい栗きんとんお勧めです。

修理など自転車でお困りの事がございましたら気軽にご相談ください。
2022.10.05

MTBのセミオーバーホール

こんばんわ。 出張修理の自転車屋さんです。

本日はMTBの修理依頼でお客様が作業場まで自転車を持込での作業をご紹介します。

以前、違う自転車ですが修理のご依頼を受け、ご満足され修理のリピートを頂きました。

alt

alt

alt

alt

全体的に錆が多く、タイヤ、チューブ、ワイヤー類などのゴム、樹脂パーツの痛みが目立ちます。

alt

alt

alt

ブレーキワイヤーなども腐食が多く、タイコ部分は崩れてきてます。

お客様のご要望としましてはしっかり走れて、出来る範囲で錆などを取り除いて綺麗にして欲しいとの事でした。

alt

alt

まずは破棄する部品などを取り外して全体の洗車を行い、状態をしっかり確認します。

alt

洗車後に各部の状態を確認して修理に入ります。

alt

alt

alt

alt

alt

前後のホイールのベアリング部分のグリスアップを行い、玉当たりの調整を行います。

alt

ホイールバランスを確認して調整します。  幸いにもスポーク部分は錆がほとんど無くてよかったです。

alt 

alt

新品のリムフラップを装着してタイヤ、チューブを取り付けます。

alt

alt

ローター、スプロケットを取り付けて、トルクレンチで適正トルクに締め付けします。

alt

alt

alt

alt

ヘッドベリングにもグリスを注入して車体にホイールを取り付けます。

ボルトの頭部分など出来る範囲で錆取りをします。

alt

alt

サドル取り付け位置が前過ぎるので適正位置にしてシートポストにも異音対策でグリスを塗ります。

alt

alt

alt

前後のブレーキ、変速のワイヤーを作ります。

インナーは腐食に強いステンレス製です。

alt

alt

ワイヤーを新たに適正な長さ、取り回しで作成してブレーキ、変速を調整します。

alt

alt

alt

100%は錆の除去は出来ませんでしたが、最初のお預かりしたときに比べますと格段に綺麗になっています。

見た目だけでなく、走る、止まるに関しましても問題なく動作しています。

お客様にお渡し後、「修理以前とは違う自転車かと思うぐらいで、新車で購入したときと同じぐらい良くなってました。 これからも大切に乗ろうと思います」とのご感想を頂きました。

前回に引き続きこの様なご感想を頂けると私も大変嬉しく思います。

今回は作業にお時間も頂けましたので、予算の範囲内で出来るだけ綺麗になるようにさせて頂きました。

この様にしばらく乗られていないスポーツ自転車も修理致しますので、気軽にご相談ください。
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 »

- CafeLog -