TEL:090-6363-3196

営業時間

18:00~22:00[月~金]
8:00~18:00[日](土曜定休)

新着情報

News

2022.08.26

スポーツバイクのタイヤ、チューブ交換

こんばんわ  出張修理の自転車屋さんです。

例年より残暑も厳しく、雨の多い日も続いて過ごし難い季節ですが、お客様のご依頼があればがんばって出張修理にお伺いします。

本日はスポーツバイクタイヤ、チューブの交換をご紹介します。

こちらのお客様は初めてのチューブ交換です。

alt

alt

alt

alt

チューブの劣化により内側(ホイール、リム側)で前後ともパンクしてしまいました。

スポーツバイクは空気圧も高めにセットしますのでチューブやタイヤにもかなりの負担がかかります。

今回はお客様のご予算やタイヤの状態などを合わせて判断してチューブのみの交換となりました。

こちらは別のお客様で約20年前のMTBのタイヤ、チューブの交換のご依頼です。

alt

すごく懐かしいタイヤですね。私が自転車業界に入ったときに良く見たタイヤです。

alt

ビード部分のゴムが剥がれてます。

alt

チューブもバルブ付近が外れそうです。

alt

ここがパンクしている部分です。

alt

お客様と相談してMTB用のブロックパターンのタイヤではなく待ち乗りに適したスリックパターンのタイヤに前後交換させて頂きました。

すごく懐かしいMTBです。  サービスで全体の点検、調整等の整備もさせて頂きました。

懐かしい自転車を修理していると初心に帰った気持ちになれます。

この様にスポーツバイクはママチャリ等のタイヤよりもタイヤ、チューブの劣化等が早い場合もあります。

安全にスポーツ走行するには大切なパーツになります。

出張修理の自転車屋さんではお客様の使い方やご予算に応じてタイヤ等をご紹介しています。気になった方は気軽にご相談ください。
2022.08.20

スポーツバイクの点検もご相談ください!!

こんばんわ。 出張修理の自転車屋さんです。

今週に入り雨が多い日が続きますが、少しずつ秋の近づきを感じます。

今回は、ご自身で組み立てをされたバイクの悪いところや間違いか無いかを点検をして欲しいとのご依頼がありましたのでその作業風景をご紹介します。

プロショップに相談されたそうですが、作業を断られてしまったそうです。

私でも出来る範囲に限界はありますが少しでもお役に立てればと思い今回は作業をお受け致しました。

とりあえず全体を隈なくチェックして作業台に乗せます。

alt

細かいところでいろいろと不具合がありましたのでそのいくつかを紹介します。

まずはフロントのディスクブレーキが常にローターと干渉して調整がうまくいかないとの事です。

良く観察すると、、、、

alt

alt

ライトホルダーがクイックレバーと干渉してホイールがフォークエンドまでしっかり収まっていません。

その為車輪が斜めに装着されてしまいローターも同じく斜めになります。

その為ローターとキャリパーが常に干渉してました。

alt

alt

alt

そこでライトホルダーをスペーサーでずらして、クイックレバーと干渉しないようにします。

これでホイールがフォークに対して真っ直ぐ装着できますので後はキャリパーの調整をします。

が、、、、

alt

キャリパーの固定ボルトが1本、皿ねじになってます。

これはいろいろ不味いのでシマノ製の緩み止めの機能があるボルトセットに交換します。

alt

次はホイールのチェックです。

alt

最高にクールなハブセットですね!!

ハブの方は回転はとてもスムーズでガタつきも無く問題ありません。

alt

alt

フロントはバランス、テンション、センター問題なし。

alt

リアは少しだけセンターがずれてます。

alt

alt

センターを調整してバランス、テンションも確認、調整します。

alt

ローターの磨耗も確認。

alt

alt="https://9696cycle.com/news/img/20220715_202520.jpg" target="_blank">alt

細かい所ですがシフトのアウターキャップが樹脂製で割れています。

シフトも調子が悪いのでついでに直します。

alt

alt

alt

alt

alt

アウターワイヤーの端面も綺麗に処理しなおして、キャップは割れないようにアルミ製に交換します。

alt

変速調整に入る前にエンドも確認しますと

alt

alt

エンドも曲がりがありましたので修正機で矯正します。

alt

肝心な所で写真を撮り忘れてしまいましたがチェーンリング変形や歪み、スライドエンドによる変速やホイールの固定位置の問題等ありました。

そのあたりの問題点はお客様にお伝えをして、今後のチューニングの課題とさせていただきました。

最後、お渡し時にお客様にバイクを試乗して頂きますと作業前と比べて全体的に見違えるように良くなっていると、とても喜ばれてました。

私としましても喜んで頂き、少しでもお力になれてとても幸いでした。

この様にバイクの点検や状態のチェックなども行っていますので、気軽にご相談ください。
2022.08.15

ロードバイクのシフト不良

こんにちは、出張修理の自転車屋さんです。

お盆休みも終わりそろそろ学生さんの夏休みも終わりに入りますね。

8月末から9月上旬は夏休み明けの修理での混雑が予想されますので修理のご依頼はお早めにお願いいたします。

本日はロードバイクのシフト(変速)不良の作業のご紹介です。

パンク修理のご依頼で守山区へ出張します。

alt

フロントタイヤが傷んでましたのでタイヤ、チューブを交換して作業終了と思いきや。

alt

お客様からリアのシフトが調子悪いとのご相談。 

確かにシフトレバーを操作しても変速がうまく動かないのでリアメカからワイヤーを外して操作してもインナーワイヤーの動きが非常に悪いので良くあるインナーワイヤーのほつれが始まってると思いタイコ付近を見てみますが

alt

alt

良くインナーワイヤーが切れたりほつれたりする赤丸部分は多少黒くなってますが特に異常なし。

明らかにインナーワイヤがおかしいので全部外してみると。

alt

インナーワイヤーを構成している細いワイヤーが数本切れてアウターワイヤーの中で詰まってワイヤーの動きを妨げています。

新しいインナーワイヤを折り曲げないように突いて中に残っているワイヤーの切れ端を取り除きます。

alt

ダウンチューブ内にワイヤーが内装になるので中でフロントワイヤーと絡んで綾取りしていないか確認します。

alt

想定外の作業でしたがメンテナンススタンドを持ってきて助かりました。

alt

変速調整をしますが明らかにデイレラーハンガーが曲がっています、想定外の作業でエンド修正機も持ち合わせていないので危険をお客様にお伝えをして後日ハンガーを代理店で注文して交換することをお勧めしました。

alt

試乗して変速機がホイールに接触しないのを確認してとりあえず走れるようになりました。

この様な変速不良の修理も行えますがスポーツバイクですと特殊工具や設備等が多く、全て持ち運ぶことは難しいのでお預かりになる事が想定されます。

スポーツバイクでの修理のご依頼の場合は修理箇所を事前にお伝え頂けますと助かりますので、LINEで写真付きでも構いませんので気軽にご相談ください。
2022.08.07

夏季休暇、営業時間のお知らせ

こんにちは、出張修理の自転車屋さんです。

夏季休暇による営業時間の変更をお知らせいたします。

alt

8月11日  13:00~20:00  LO 19:00

8月12日  休業日

8月13日  定休日

8月14日  休業日

8月15日  13:00~20:00  LO 19:00

8月16日  13:00~20:00  LO 19:00

上記の様な営業時間になります。

休業日や営業時間外でも、お急ぎの方などはLINEにてご連絡いただけましたら、確認次第ご返信いたします。
  

今は比較的予約は空いていますが、8月下旬から9月上旬は夏休み明けの学生さん修理などで混雑が予想されます。

すでにパンクや異常を感じている方はお早めに修理のご相談をお勧めいたします。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。
 
2022.08.02

パンク後の放置はしないでね。

こんにちは。  出張修理の自転車屋さんです。

8月に入りより一層、暑い日が続いています。

alt

日曜日は昼の時間も営業していますので暑さ対策で導入しました。

alt

ですが悪いことばかりではありません。

夜、出張修理をしていましたら多治見市内で花火が上がっていました。

alt

alt

花火を見ながらの自転車修理はなかなか無い景色です。

さて本日はパンクしてしまったらなるべく早めの修理をして欲しいというご案内です。

お客様からのパンク修理と点検で2台修理車をお預かりしました。

1台目のパンク修理車ですが

alt

パンク後に早めに修理をしないとタイヤが自転車の重みで常に潰れた状態になり潰れた部分のタイヤ側面がひび割れてます。

alt

alt

特に気温の高い日や直射日光が当たる場所では痛んでしまうのが早くなります。

こうなってしまいますとタイヤ、チューブの交換が必要になります。

alt

車輪を外してタイヤを取り外すと

alt

alt

alt

チューブが折りたたまれた状態になってしわくちゃになってます。

alt

空気が少ない状態で乗ってしまいますとチューブが削れて傷んでしまいパンクします。

alt

ですが今回の決定的なダメージはバルブがチューブから剥がれてます。

空気圧が低いとバルブ付近でこのような事が起こりパンクします。

2台目の点検でお預かりした自転車の後輪も同じような現象でバルブが剥がれる寸前でしたので、お客様と相談してチューブを交換いたしました。

alt

2台とも修理が完了してキャンペーンの無料点検、調整整備を行いお届けいたしました。

alt

このようにパンク後自転車を放置してしまいますとチューブ交換で済だ修理がタイヤ、チューブの両方の交換が必要になり修理代金が高額になりますのでパンク後はお早めに修理をされることをお勧めします。

- CafeLog -