TEL:090-6363-3196

営業時間

18:00~22:00[月~金]
8:00~18:00[日](土曜定休)

新着情報

News

2022.09.11

いろいろな修理

こんにちは、出張修理の自転車屋さんです。

9月に入って涼しくなって来たこともあり自転車の使用が増えるとともに修理のご相談も増えてきてます。

先日、通学の自転車を当日直して欲しいとの事でお客様が作業場に持ち込みで修理されましたが、その前に多治見市内の大型ホームセンターに修理を相談したところ修理完了に2週間程かかると言われたそうです。

出張修理の自転車屋さんでは予約が取れて特殊な修理でなければ基本的に当日の仕上がりになります

通学、通勤で自転車の修理に困った事などありましたら、気軽にご相談ください。

本日は一般車の修理の様子を紹介します。

alt

まずは電動アシスト自転車のチューブ交換ですがリム打ちを激しくしている為ステンレスのリムが変形しています。

alt

後輪でしたら取り合えず使用可のですが前輪の為、変形していますとブレーキへの影響が大きいので修正します。  交換するほどの変形でもありませんしリムの交換になりますと費用も高額になります。

alt

100%は元には戻りませんがブレーキ使用時の影響を極力減らすことが出来ます。

続いてサービスの全体点検をしていきます。

alt

プッシュロッドの位置も合っていません。 

これではギアのかみ合わせも悪くモーターの力が強い為、最悪破損してユニット交換になってしまいます。

後輪は何処かでタイヤを交換していましたのでその時の調整ミスと思われます。

alt

2速で位置がしっかり合うように調整しました。

alt

タイヤ、チューブ交換後サービスの全体点検をしていますと、、、

alt

ブレーキシューが磨り減っています。

alt

これでは大変危険ですので交換になります。

alt

前カギが壊れて変形して外れかかつています。  

走行中に外れてホイールに巻き込むと大変危険です。

alt

壊れていましたのでお客様に相談して外しました。

alt

珍しく水調べです。

虫ゴムも悪くなくて原因を調べていくとお客様の空気入れ本体が悪いことが判明しました。

空気入れの買い替えをお伝えいたしました。

alt

同じ日の夜に珍しいことは続いて2件目の水調べです。

夜なので明るいライトで見落とすことなく丁寧に調べます。

alt

やはり穴は無くて原因は虫ゴムでした。

前後とも新品に交換します。

この様にいろいろな修理や整備も行って予約で承ったものは基本的に当日の仕上がりになります。(作業内容によっては後日の仕上がりになる事もあります。ご了承ください。)

修理でお困りの方はLINEでも構いませんので是非ご相談ください。
2022.09.04

9月より営業時間等の変更のお知らせ。

こんにちは。 出張修理の自転車屋さんです。

9月より営業時間を変更いたします。

ホームページの更新は少し時間がかかりますので先にご連絡します。

変更後

営業時間:月~金 18:00~22:00
         
     土   定休日

     日   8:00~18:00(旧22:00)
 

      
・当日の出張修理の予約受付は平日は20:00、日曜日は16:00までとなります。

※出張地域、ご予約状況によりましてによりましては翌日以降になる場合もあります。ご了承ください。

・当日の持ち込み修理の予約受付は平日は21:00、日曜日は17:00までとなります。

※ご予約状況によりましてによりましては翌日以降になる場合もあります。ご了承ください。

ご不明点などありましたら気軽にご相談ください。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。
2022.08.26

スポーツバイクのタイヤ、チューブ交換

こんばんわ  出張修理の自転車屋さんです。

例年より残暑も厳しく、雨の多い日も続いて過ごし難い季節ですが、お客様のご依頼があればがんばって出張修理にお伺いします。

本日はスポーツバイクタイヤ、チューブの交換をご紹介します。

こちらのお客様は初めてのチューブ交換です。

alt

alt

alt

alt

チューブの劣化により内側(ホイール、リム側)で前後ともパンクしてしまいました。

スポーツバイクは空気圧も高めにセットしますのでチューブやタイヤにもかなりの負担がかかります。

今回はお客様のご予算やタイヤの状態などを合わせて判断してチューブのみの交換となりました。

こちらは別のお客様で約20年前のMTBのタイヤ、チューブの交換のご依頼です。

alt

すごく懐かしいタイヤですね。私が自転車業界に入ったときに良く見たタイヤです。

alt

ビード部分のゴムが剥がれてます。

alt

チューブもバルブ付近が外れそうです。

alt

ここがパンクしている部分です。

alt

お客様と相談してMTB用のブロックパターンのタイヤではなく待ち乗りに適したスリックパターンのタイヤに前後交換させて頂きました。

すごく懐かしいMTBです。  サービスで全体の点検、調整等の整備もさせて頂きました。

懐かしい自転車を修理していると初心に帰った気持ちになれます。

この様にスポーツバイクはママチャリ等のタイヤよりもタイヤ、チューブの劣化等が早い場合もあります。

安全にスポーツ走行するには大切なパーツになります。

出張修理の自転車屋さんではお客様の使い方やご予算に応じてタイヤ等をご紹介しています。気になった方は気軽にご相談ください。
« 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 »

- CafeLog -