TEL:090-6363-3196

営業時間

18:00~22:00[月~金]
8:00~18:00[日](土曜定休)

新着情報

News

2022.07.26

広報たじみ掲載キャンペーン ③

こんばんわ。 出張修理の自転車屋さんです。

今月の8月号の広報たじみに出張修理の自転車屋さんの広告が掲載されています。

alt

alt

これを切り取ると6月号、7月号、8月号で3枚目が揃います。

alt

揃いますと多治見市内の出張料金が1回無料になります。

さらにキャンペーンも行っています。

詳しくは こちら  

よろしくお願いいたします。
2022.07.23

動くことより、止まる事。

こんばんわ。 出張修理の自転車屋さんです。

本日は、ブレーキの修理に関する内容です。

多くの方は、自転車が動かせなくなった等の症状になると修理の為、自転車屋さんで修理をされます。

パンク等、そういったご依頼が多いのですがパンクの修理より大切な修理をしないといけない事が良くあります。

それはブレーキです!!

ブレーキを動かす為、多くの自転車はブレーキワイヤーでブレーキを作動させています。

ブレーキワイヤーはアウターワイヤー(外側)とインナーワイヤー(中側)の異なるワイヤーを組み合わせてブレーキを作動させています。

どちらかでも、ワイヤーに異常がありますとブレーキが正しく作動しません。

alt

alt

こちらはアウターワイヤーの経年劣化

alt

こちらはインナーワイヤーの錆によるブレーキの動作不良です。

alt

お勧めはステンレスのインナーワイヤを使用したワイヤーキットですが、ご予算に応じて一般車向けのお値打ちなワイヤーも用意しています。

出張修理の自転車屋さんではスポーツバイク系の自転車でも修理はできますので、ブレーキに違和感や異常を感じましたら一度、ご相談ください。
2022.07.16

夏の日差しにご注意

こんばんわ。 出張修理の自転車屋んさんです。

先日、自転車技師の免許の更新案内が来ました。

alt

自転車技師の免許は5年後との更新が必要で早速、手続きを行いました。

月日の流れるのは早いですね。

さて今年は早い梅雨明けをしたとニュースになっていましたが7月中旬まで雨が多い日が続いています。

ですが晴れた日は真夏の太陽の照りつけが厳しく自転車にも厳しい季節です。

後輪のパンク修理でお伺いしましたがタイヤの状態が前後ともに劣化していましたので今後、安全に使用できるようにお客様とご相談してタイヤ、チューブの交換を行いました。

alt

alt

タイヤのサイドウォールが黒ではなく色つきですと日光や紫外線による劣化が激しいです。

使用しているときは仕方ありませんが使用しないときは手間でも車体カバーなどをかけられますと自転車の劣化を減らすことが出来ます。

alt

差し入れでお茶を頂きました。

ありがとうございます。

暑い日が続きますが皆さんも夏バテには気をつけてお過ごしください。
2022.07.10

生える!?ボルトにご注意を!!

こんにちは。 出張修理の自転車屋さんです。

最近、多くの方が乗られている電動アシストつき自転車でよくありがちなトラブルをご紹介します。

今回のご依頼はパンク修理で、他店で何度もパンク修理をしたが直ぐパンクをしてしまうので一度見て欲しいとの内容でした。

現地で話をお伺いすると、3週間で2回パンク修理をされたそうですが、直ぐに3回目のパンクをしてしまったとの事でした。

alt

alt

タイヤを確認したところサイド側に大きな亀裂がありタイヤとチューブを交換するためお預かりとなりました。

alt

チューブ側も同様に、タイヤの亀裂と同じ部分に亀裂があります。

alt

さらに良く見ますと前回、他店でパンクを修理した場祖と同じような場所に同じような亀裂があることが分かります。

alt

お預かりした自転車を良く観察したところ

alt

ブレーキシューがタイヤと接触しています。

alt

ブレーキシューもずれて使用しているので編磨耗して角が立って、その部分がタイヤを傷つけてタイヤに亀裂が入る原因になっていました。

alt

そしてそもそもの原因は、このボルトが緩んでいることです。

ダブルピボットブレーキの詳しい説明は省略しますがこの調整ボルトは非常に緩みやすく、緩んで左右のブレーキバランスがずれている、さらにブレーキシューが磨耗している時に、安易に遊びの調整等を行うとこの様にタイヤとブレーキシューが接触します。(このモデルですと右側のブレーキシューがタイヤに当たりやすいです)

さらに電動アシスト自転車は車体重量があるため、下り坂で前ブレーキにかかる負担は普通の自転車より多くなります。

お客様に確認したところ前回のパンク修理から戻ってきた際にブレーキの遊びが減ったとの事でした。

今回の原因等をしっかり説明してブレーキを含めて全体の整備をさせて頂くこととなりました。

alt

タイヤ交換時には痛んだフラップを交換します。

alt

さらに先ほどの緩んでいたボルトはただ締め直すだけでは直ぐに緩んでしまいますので、ロックタイトを塗布して締め直します。

ブレーキシューも交換します。

alt

他店でブレーキ調整をした際にワイヤー固定ボルトで何度も締めなおしているためインナーワイヤーが切れかけていますので安全のため交換します。

alt

腐食に強いステンレスで交換します。

alt

alt

アウター、インナーワイヤーには適材適所でケミカルを使用して引きが軽くなるようにします。

alt

alt

最適な長さでカットして、インナーキャップも固定

alt

alt

alt

ハーネスカバーがずれているので直します。

alt

ハーネスカバーがずれた際にワイヤーカバーが切れて中の配線が見えています。

alt

配線を保護テープで巻きなおします。

alt

カギの動きが悪いので最適なスプレーを塗布します。

alt

alt

ベルトカバーが凹んでいてベルトと接触しています。

alt

alt

alt

ベルトが痛むと交換費用が高くなりますのでカバーを外して綺麗に直します。

alt

タイヤ交換していない後ろの虫ゴムは痛んでいます。

alt

新品の虫ゴムに交換して空気も規定圧にします。

alt

バルブ交換後はリークチェック。 たまにバルブ不良もありますので要確認。

alt

他にもボルトナットの締め付け確認、スタンドなど注油など全体の点検、調整を行い乗車確認をして完成です。

今回のようにブレーキの不具合からパンクにいたるケースもありますので最低でも1年に1回(電動アシストは出来れば半年に1回)自転車の定期点検をお勧めいたします。

今、出張修理の自転車屋さんはキャンペーンで無料点検、調整を行っています。

詳しくはこちら 広報たじみキャンペーン

詳しい内容、質問などありましたら気軽にご相談ください。
2022.07.04

広報たじみ掲載キャンペーン ② 

こんばんは、出張修理の自転車屋さんです。

昨日からのKDDIの通信障害でお客様には大変ご迷惑をおかけしてます。

まだ電話、SMSでの連絡は安定が非常に悪いのでお急ぎの方はLINE、もしくはホームページからのお問い合わせで電話番号などをお伝えいただけましたら他の電話よりご連絡いたします。

本日はこんな感じで何時もより業務が多くなっていしまいました。

気を取り直して広報たじみ7月号に掲載された広告です。

alt

24ページ目に掲載されてます。

alt

これで2枚目が揃いました。

あと一枚で多治見市内無料の出張券に変わります!!

alt

広報たじみキャンペーンの詳しい内容

パンク等で修理を行った際に無料で自転車全体の点検、調整を致します。

通常点検は1000円の費用をいただいてますがサービスで行います。

*サービス点検のみでの出張は致しかねます。 パンク等、修理をした際のサービス点検になります。 

*サービス点検は一般的なシティーサイクル、電動アシスト自転車が対象でスポーツバイクなどは対象外(有料)です。

主な点検項目としましては

・各部のボルト、ナットの締め付け確認

・フレーム、フォークの変形など損傷の確認

・ホイールのバランス調整、確認

・ブレーキの遊び、シューの磨耗確認

・チェーンの磨耗確認、注油

・変速調整

・タイヤの磨耗、空気圧確認(虫ゴム交換)

・スタンド、ライト、カギ、ベル等の動作確認

・各部注油

等、部品交換をともわないで調整などをさせて頂きます。
*調整で直らない、故障、磨耗、劣化部分の修理につきましては有料になります。見積りは無料です。

ほんの一部ですが上記の無料点検にプラスしてサービスで行っている内容を少しご紹介します。

スタンドボルトの欠品の取り付け
alt

alt

alt

前後虫ゴムの交換
alt

ブレーキ調整ボルト緩みの対策
alt

alt

この様な感じで車両の不具合などをサービスで出来る範囲で修理致します。

さらに6、7,8月号の広報たじみのチラシを3枚集めますと出張料金が1回無料になります。
*多治見市内に限らせて頂きます。

こちらのキャンペーンは他のキャンペーン(学割キャンペーン開店キャンペーン)と併用も出来ますのでお得に出張修理がご利用できます。

広報たじみ掲載キャンペーンは2023年 8月末までご利用できますのでチラシを処分しないで保管しておいてください。

キャンペーンの内容などご不明点がございましたら、事前にご相談ください。

よろしくお願いいたします。
1 2 »

- CafeLog -