TEL:090-6363-3196

営業時間

18:00~22:00[月~金]
8:00~18:00[日](土曜定休)

新着情報

News

2023.01.03

ホイール交換からのトラブル

明けましておめでとうございます。 出張修理の自転車屋さんです。

alt

今年も1年よろしくお願い致します。

ウサギ年にちなんで今年最初はサーリーの作業をご紹介します。

以前、サーリーの点検をさせて頂いたお客様より違うサーリーでホイールをご自身で交換されてから駆動系がおかしいとの事で持ち込み頂きました。

alt

とりあえず外見から軽くチェックします。

alt

alt

リアのシフトワイヤーの痛み、後は何故かブレーキアウターがシフトアウターで組まれているぐらいが気になった箇所です。

alt

そして一番の問題点の駆動系ですがよく見るとスプロケットのロックリングがフレームと接触しています。

これではまともに漕ぐ事は出来ません。

alt

明らかにロックリングが外側に出すぎています。

alt

ロックリングにはフレームと当たり塗装の剥がれが付着しています。

alt

フレーム側もロックリングと接触して塗装が剥がれて傷が付いています。

alt

ロックリングを外すとほとんどねじ山と噛んでおらずトップギヤもフリーボディーのスプラインにわずかに乗っているだけです。

alt

カセットスプロケットを外すと謎のスペーサーが1枚入っています。

これが原因ですね。

alt

フリーなどのサイズをしっかり測定、確認してこの要らないスペーサーを外します。

alt

ベアリングの状態などもついでに確認していきますが、フリーのベアリング2ヶ所が明らかにゴリゴリしています。  

alt

シールを外すとグリスが無くベアリングが錆びてます。

alt

とりあえず交換には部品が必要ですが今の時代は補修用のパーツをそろえるのも一苦労となるので全てのベアリングサイズを測定して交換パーツを揃えるまで応急的に清掃、グリスアップをします。

alt

この様な状態になる前には定期的なメンテナンスが必要ですが最高のケミカルを使用して組みなおします。

alt

フリー部分なども必要に応じて清掃、注油、グリスアップ等をしていきます。

alt

正しい手順で組み立てなおすとトップギヤも正しい位置に収まります。

alt

ロックリングもねじ山に正しいく収まります。

alt

フレームに収めてもロックリングとフレームは干渉しません。

alt

alt

alt

alt

前輪もホイールバランス、センター、スポークテンションなど確認して手直しします。

alt

alt

alt

後輪も同じく整備します。

残りの作業は次回紹介します。

この様に組み立て手順が違ったりすると事故や怪我につながるケースもありますので自転車がいつもと違う違和感などを感じられましたら気軽にご相談ください。
2022.12.25

年末年始の営業時間のお知らせ

こんにちは、出張修理の自転車屋さんです。

今年のクリスマスは雪が降り久しぶりにスノーライドを楽しめました。

alt

alt

alt

近所の山ですが雪が積もると景色も一変しますね。

さて本日は年末年始の営業時間のお知らせを致します。

alt

12月29日、30日、1月1日、2日は休業日となります。

12月31日、1月3日、4日は10時から17時までの営業時間となります。

休業日でも携帯はチェックしていますのでお急ぎの方や緊急の修理などのご相談がありましたらLINEにてご連絡をいただけましたら、確認次第返信致します。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
2022.12.20

真心を込めた修理

こんばんは、出張修理の自転車屋さんです。

メッシが活躍したアルゼンチンの優勝おめでとうございます!!

今回のアルゼンチンはいろいろと話題も多かったですが南米サッカーが好きな私としては最高に楽しめました。

今回は修理の事例ですが、お客様からの修理依頼以外でのちょっとしたサービス等をご紹介します。

こちらのお客様はタイヤ、チューブ交換のご依頼です。

alt

いつも私が行っているのはタイヤ交換などでホイールを外したときにしか見れない箇所等に異常が無いかのチェックです。

alt

分かりにくいかも知れませんがリムフラップと呼ばれるテープが少し剥がれて1箇所だけニップルが見えてます。

このままタイヤ交換をしてしまうと露出したニップルとチューブが干渉してパンクしてしまうケースが稀にあります。

リムフラップずれでのパンク こちら

今回は古いテープタイプのフラップを除去して新しいゴム製のフラップに交換いたしました。

次の事例は前タイヤのリム打ちパンクです。

alt

空気圧不足や高速で段差などにタイヤをぶつけてしまうとリム打ちパンクをします。

さらにリム打ちパンクはホイールのリムを傷つけたり、変形させてしまいます。

前のリムが変形したり傷が付くとブレーキにも悪影響を及ぼします。

alt

今回はアルミリムが傷ついていましたので傷の部分だけヤスリで面を整えてブレーキに影響が出ないように致しました。

次はチェーンの油切れです。

alt

この様な状態で使用しますとチェーンが痛むばかりか、ギヤなども磨耗してしまいその後の修理費用が高くなってしまいます。

alt

修理時にサービスで油を差しますが、お客様の自転車の種類に応じてチェーンオイルも使い分けます。

そしてお渡し時にチェーンの注油時期をお知らせしたり、どのようなチェーンオイルが良いか必要であれば実際にチェーンに注油の仕方や注油時期の見分け方なども説明しています。

この様にただお客様の依頼の修理のみをするのではなく、それ以上に快適に乗れるように真心を込めて修理を致します。

ただ今はキャンペーンでパンク等の修理時にその自転車全体の点検、調整はサービスで行っていますので気になる方は、こちらのページ をご確認ください。
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 »

- CafeLog -