TEL:090-6363-3196

営業時間

17:00~22:00[月~金]
13:00~20:00[第1・3・5 土曜]
8:00~18:00[日]

定休日

第2・4 土曜

新着情報

News

2023.10.21

最近のいろいろな修理 ⑪

こんにちは、出張修理の自転車屋さんです。

本日は、最近行ったシティーサイクルの修理作業をご紹介します。

パンク修理のご依頼で春日井市までお伺いします。

alt

ご自身で一度修理を試みたそうですが上手く行かなかったそうです。

alt

女の子ですが自分で修理を試みるということがとても素晴らしいと思います。

今回はチューブの交換となりましたが学生さんですの学割を適応いたします。

alt

変速機はリコール対象の可能性がありましたので購入店でのご対応をお伝えいたしました。

次もパンク修理のご依頼で尾張旭市まで出張修理を致します。

alt

標準での子供乗付き電動アシスト自転車ですが車に詰めないのと購入店まで遠いのでご依頼を頂きました。

alt

パンクの原因は空気圧不足により中のチューブが磨耗しています。

タイヤは再利用できましたのでチューブを交換いたします。

alt 

変速機の調整がずれていましたのでサービスで全体を点検調整を致しました。

子供乗せシートが邪魔で見えにくいので初期の整備で見落としたと思われます。

次もパンク修理で多治見市内にお伺いします。

電動アシストつき自転車での後輪パンクです。

alt

alt

こちらも空気圧不足でのパンクでした。

電動アシスト付き自転車は空気圧が不足するとさまざまな要因でパンクしやすくなりますので定期的に空気の補充が必要です。

alt

フラップもバルブ穴付近で切れかけていたので新品に交換します。

alt

こちらも変速調整で確認するとプッシュロッド位置がずれていましたので赤線とハブシャフト端面が揃うように調整しました。

シティーサイクルの修理でお困りの際は気軽にご相談ください。
2023.10.15

MTBの点検、調整作業 後編

こんにちは、出張修理の自転車屋さんです。

本日はMTBの点検、調整作業 の後編作業をご紹介します。

alt

alt

alt

新品のチェーンが入荷したので最初に付着しているグリスなどを洗浄して脱脂をします。

alt

alt

チェーンをシマノのマニュアルに従い適正な長さを計算してカットします。

alt

適正な長さになると最初のチェーンが短いかが良く分かります。

alt

ミッシングリンクも進行方向に向かい取り付けします。

alt

これで適正なチェーンが装着できましたので変速調整に入れます。

alt

先ほど脱脂したチェーンに新しいオイルを塗布します。

alt

alt

alt

変速調整前に必ず確認しないといけないのがディレラーハンガーの曲がりの確認です。

6.9.12時の位置で見ますと9時の位置でゲージが内側に入っているのが分かります。

alt

alt

alt

修正後はどの位置でもゲージの間隔は一定です。

alt

次にGプーリーの間隔を確認しようとしたときに異変を発見!!

Gプーリーの内側が激しく削れています。

本来は磨耗したりする部分ではありませんが前オーナーがチェーンが短い状態や適切な変速調整をしない使用をしてプーリーとLOギヤが接触して激しく磨耗したものと考えられます。

alt

alt

alt

alt

お客様にプーリーの状態を報告しとりあえず装着して不具合が無ければそのまま使用するとの事ですので他にもブッシュの錆びや汚れ等ありましたので清掃してグリスアップをして変速機に戻します。

alt

alt

装着後にGプーリーも適切な位置に調整をして変速調調整もします。

とりあえず作業台の上で無負荷の状態では問題は無さそうなので最後にテスト走行をして確認します。

alt

ディスクブレーキも台座の角度が斜めでパッドとローターが擦ってしまうので台座を加工します。

alt

alt

これでパッドとローターが並行になりましたので擦る事も無くなりました。

alt

alt

各部ボルト等の締め付けを確認します。

alt

alt

サスペンションのバルブを確認してエアーを注入します。

alt

完成です!!

alt

完成後にはさまざまなシチュエーションでバイクの動作を確認して微調整をします。

問題ないことを最終確認してお客様に納品します。

中古やネット販売で購入されたスポーツバイクの修理、点検、整備でお困りの際は気軽にご相談ください。
2023.10.07

MTBの点検、調整作業 中編

こんにちは、出張修理の自転車屋さんです。

本日は前回の続きの作業をご紹介します。

alt

alt

リジットフォークからサスペンションフォークに交換します。

alt

コラムにクリスキングの1.5ベースプレートを圧入します。

alt

alt

ユニオール製の専用工具を用いて圧入します。

alt

alt

隙間無く圧入して腐食防止のグリスを塗布します。

alt

SRサンツア製のフロントシャフトは過去に腐食や汚れでシャフトが固着し、取り外しに大変な作業をした経験があるのでグリスをしっかり塗布します。

alt

alt

とりあえず仮付けしてタイヤクリアランスなどに問題ないかを確認します。

そしてコラムの長さは、、、

alt

やはり短いですね。

これに関しては取り付け前の寸法計算で分かってはいましたが、、、

とりあえずお客様に連絡をします。

alt

alt

ステム上端からコラム上端までが9.5mmの差があります。

個人的にはここの差は3mmに設定してコラムカットを行うか、少しオーバーしてステム上部に5mmスペーサーを乗せるほうがコラム保護やステムの締め付けた際のトラブルが避けられると思います。

alt

クリスキング純正のボルトも長さが足りなくなってしまうので別のものが必要になります。

alt

とりあえず他の部分の点検をしていくと赤枠内の部分の隙間が大きいことに気が付きます。

alt

現状を把握する為に左クランクを外します。

alt

グリスで汚れていますので清掃すると、、、

alt

リングといわれるパーツが欠品しています。

alt

シマノの展開図で見ると赤枠のパーツです。

以前にも同じような事例がありました。  こちら 

コラムの件と共にこちらもお客様に連絡をしてどうされるかを確認します。

確認後、コラムの件は自己責任で使用するので作業を進めて下さいとの事で、リングパーツは取り寄せして作業するとの事になりました。

alt

しかしコラムが短い部分でステムを締め付けると最悪ステムが破断することもありますので足りない空間を埋めるパーツを作製します。

alt

某イタリア製高級メーカーのコラムの端材がありましたのでほど良い長さでカットしてスペーサーにします。

alt

コラムとステム設置面積も少し減り固定力不足も考えられますのでカーボンコラムなどの固定に使用する専用のグリスをコラムに塗布して対策します。

alt

ほど良い高さに収まりました。

alt

alt

ステムキャツプボルトも長いステンレス製の物を用意して交換します。

alt

固定後に確認でハンドルをこじってもステムはしっかり固定されています。

alt

新品のリングを用意しました。

alt

装着します。

alt

alt

このバイクは前のオーナーが個人で組んだのかショップで組んだのか定かではありませんが殆どのボルト、ナットの締め付けが緩いです。

BBも適切なトルクで締め付けます。

alt

最初と比べると適正な隙間になっています。

alt

左クランクも適正なトルクで締め付けます。

次回に続きます。

スポーツバイクの修理、点検などでお困りの方は気軽にご相談ください。
« 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 »

- CafeLog -